思い出

No.037 ミディ運河

画像

 大西洋岸近くのボルドーから南東へと遡ったガロンヌ川はトゥールーズで向きを南南西へ変えて水源のピレネー山脈へ向かいます。ところが,大西洋と地中海とを川と運河で結びたいというルイ14世の後押しもあり,17世紀末に地中海から Toulouse まで運河が開通しました。19世紀に鉄道が発達するまでフランス南西部の物流を支えたミディ運河 (Canal du Midi) です。私達が乗ったバスはこの運河にほぼ沿って走ったはずですが,運河の側を走ることはなく,途中で見物のため立ち寄った上の写真の船着き場で往時の様子を想像するのがやっとでした。美しいと評判の運河沿いの道を歩くことができなかったのが心残りでしたが,その思いが天に通じたのか,後年,偶然この運河に再び出会うことになりました。
 次のページへ