『古典派経済学』
(classical economics)

 18世紀後半から19世紀前半におけるアダム・スミス,トマス・ロバート・マルサス,デヴィッド・リカード,ジョン・スチュアート・ミルなどのイギリスの経済学者に代表される経済学を古典派経済学といい,
 (1) 労働価値説
 (2) 効率的に生産するための分業の重要性
 (3) 市場メカニズムの尊重
を考え方の基礎に置きました。
 「供給はそれ自身の需要を作り出す」という「セイの法則」を重視しました。
 (ver.3 2021年10月17日改訂)