スティグリッツ (Joseph E. Stiglitz)

( 1943〜 )

 ジョセフ・E・スティグリッツはアメリカ合衆国の経済学者であり,情報の非対称性の理論に対する仕事によって 2001年にノーベル経済学賞を受賞しました。
 世界金融危機の勃発を予言した経済学者の一人として知られています。
 IMF の経済政策を厳しく批判しました。
 単純な貨幣数量説に従ったマネタリズムを批判しました。
 日本が長いデフレーションから抜け出すために,財政赤字を紙幣増刷によってファイナンスするように提言しました。
 アベノミクスを支持しました。
  (ver.2 2021年5月20日改訂)