アダム・スミス (Adam Smith)

( 1723〜1790 )

 スコットランド生まれの英国の神学者,哲学者,経済学者で,「道徳情操論」(1759年) を著して有名になりました。
 その後,「国富論」(1776年) として知られる「諸国民の富の性質と原因の研究」を著し,近代経済学の創始者であると考えられるようになって,「経済学の父」と呼ばれています。
 「国富論」において,人々が自分の利益を増やすことを考えて行動し,取引すれば,自動的に最適な価格と生産量になるという“見えざる手”という考え方を示したことで有名です。この考え方の元に進められたのが古典派経済学です。
 アダムスミスは,それまでの貿易による金銀の蓄積が富であるという考え方の重商主義経済を否定し,労働価値説を唱え,これが古典派経済学とマルクス主義経済学の基礎の一つとなりました。
 また,アダムスミスは,分業の重要性を示し,これが貿易や TPP の重要性を主張する根拠になっています。
 一方,“見えざる手”という市場均衡についての考え方は,新古典主義経済学によって数学的に分析されるようになりました。
  (2021年6月9日改訂)