『計算』(calculation)

(D.) Berechnung (Fra.) calcul (Ita.) calcolo

 最初は,四則の基本法則に従って演算を行ない,自然数を含む を求めることを計算 (calcultion, accounts, reckoning) といいましたが, 数学が発展するに従って,実数複素数はもちろん,ベクトル行列関数微分積分などを含む式を簡単な形に変形することを総称して計算というようになりました。
 現在では,集合の間に成り立つ関係を表す式や,論理学において命題の間に成り立つ式など,数以外のものの間に成り立つ式の変形も計算といいます。
 (2019年7月1日改訂)