『角度』(angle, measure of angle)

度数法,度,直角,鋭角,鈍角

 大きさを角度といい,ふつうは一直線に相当する角度を 180 度とする度数法を用いて表します。
 度 (degrees) は ° で表します。
 角度は 0°以上 180°以下としますが,必要ならばより広い範囲で考えることもあります。
 角度が 90°の角を直角 (right angle) といい,90°より小さいの角を鋭角 (acute angle),90°より大きく 180° より小さい角を鈍角 (obtuse angle) といいます。
 角度を表す別の方法として 180°に相当する角度を実数 π に対応させる弧度法があります。
 なお,外国語では角と角度を区別しないで同じ用語を用いることが多く,たとえば英語の angle は角を表すだけではなく,角の大きさである角度を表す場合もあり,他の外国語でも同様です。
 (2019年6月13日改訂)

 An angle larger than a 0° angle but smaller than a 90° angle is called an acute angle.
 An angle larger than a 90° angle but smaller than a 180° angle is called an obtuse angle.